名古屋でとんこつなら

ラーメン名古屋のラーメンのスープといえば、魚介ととんこつを合わせたWスープが人気です。とんこつの濃さがあるのにもかかわらず、魚介スープを合わせたことによって、さっぱりとした風味になっています。その流れの中で、濃厚とんこつラーメンが食べられる店が人気です。流れに乗らず、しっかりと守ってきたとんこつスープは、こだわりを持って作られているからです。そんな本物の博多ラーメンが食べられるのが鶴亀堂です。

出てきたラーメンの姿を見ればわかりますが、ストレートなとんこつラーメンにできあがっています。きくらげがのり、ネギとチャーシュー、煮卵がならんで、のりがアクセントになっているのは、博多の屋台のスタイルといっていいでしょう。麺も博多から直送のものを使っており、独特の腰があるストレート麺です。濃厚で芳醇なスープを使っているのも、負けない麺がなければできません。独特の腰を持っており、これを毎日取り寄せているのは、鶴亀堂のこだわりです。スープも濃厚で濃いとんこつではありますが、脂がこってりしているわけではありません。鮮度の高さも重要で、天然素材にこだわり使っているからこそ、旨みがたっぷりと染み出たとんこつになっているといえるでしょう。

味仙の台湾ラーメン

カップルでラーメン名古屋のラーメンを代表するのが、味仙の台湾ラーメンでしょう。名古屋に多数の店舗をもつ中華料理店であり、名古屋メシとして有名になっていった台湾ラーメンを始めて作ったお店です。看板メニューでもありますが、独特の辛さが癖になり、また食べたくなるうまさを持っています。全国に広まっていきましたが、台湾発祥ではなく、名古屋の味仙が発祥のお店です。もともとまかないだったものが、だんだんと完成した料理に変わっていったラーメンで、醤油がベースです。さらにニラや長ネギ、モヤシがのっているのが特徴で、ニンニクもかなり利いています。名古屋独特ではありますが、少々濃いめの味付けが、この辛みとマッチして、病みつきの味になっていくのです。

名古屋のラーメンの代表格として知られていますが、味仙はそれだけではありません。人数が多くても対応できる店舗が魅力であり、家族連れでもカップルでも、幅広く対応できるスタイルになっています。店に入ると、台湾のお店のような雰囲気に浸れるのも人気のポイントになっているといえるでしょう。とにかく素早く出てくるのも特徴で、台湾ラーメンも待たずに提供してくれますので、作り立てをすぐに味わえるのも人気です。

名古屋のラーメン

店員すでに日本食のひとつともなってきているのが、ラーメンであるのは間違いないでしょう。中華料理の枠から飛び出し、日本で独自の進化を遂げてきているのは間違いありません。各地で特色のあるラーメンが作られてきていますが、名古屋も特徴がはっきりしています。名古屋の特徴としては、魚介ととんこつを使ったスープにあるでしょう。他の地域では分けられてしまうスープですが、ダブルスープにすることで、それぞれの風合いを残しつつも、独特の味わいを持っています。ブレンドすることによって、相乗効果を生み出し、さっぱりした中にとんこつの風味が残っているのが特徴といえるでしょう。価格的にも手が出しやすい金額で提供しているのも、この地方の特徴といえます。

もうひとつの特徴が、全国にも広がっていった台湾ラーメンの存在でしょう。今では珍しいものではなくなりましたが、台湾という名前がついていても、名古屋が発祥のラーメンです。醤油のスープをベースにしていますが、絡みの利いたひき肉がのっています。他にもニラや長ネギ、モヤシが使ってあるなどの特徴がありますが、辛みがはっきりとしているラーメンといえるでしょう。もともと台湾の名物である担仔麺をまかないで作ったのが起源といわれています。こうした独特の味わいが名古屋には存在しています。他の地域ではなかなか見られないラーメンとなっていますので、参考にしながら食べ歩いてみてはいかがでしょうか。