ラーメン名古屋のラーメンのスープといえば、魚介ととんこつを合わせたWスープが人気です。とんこつの濃さがあるのにもかかわらず、魚介スープを合わせたことによって、さっぱりとした風味になっています。その流れの中で、濃厚とんこつラーメンが食べられる店が人気です。流れに乗らず、しっかりと守ってきたとんこつスープは、こだわりを持って作られているからです。そんな本物の博多ラーメンが食べられるのが鶴亀堂です。

出てきたラーメンの姿を見ればわかりますが、ストレートなとんこつラーメンにできあがっています。きくらげがのり、ネギとチャーシュー、煮卵がならんで、のりがアクセントになっているのは、博多の屋台のスタイルといっていいでしょう。麺も博多から直送のものを使っており、独特の腰があるストレート麺です。濃厚で芳醇なスープを使っているのも、負けない麺がなければできません。独特の腰を持っており、これを毎日取り寄せているのは、鶴亀堂のこだわりです。スープも濃厚で濃いとんこつではありますが、脂がこってりしているわけではありません。鮮度の高さも重要で、天然素材にこだわり使っているからこそ、旨みがたっぷりと染み出たとんこつになっているといえるでしょう。